療養期間および健康観察期間 令和4年9月7日より一部変更されました

療養期間
 ■有症状の方
  1 自宅療養および宿泊療養の方 令和4年9月7日より短縮されました。(令和4年9月7日療養中の方も対象となります)
    発症から7日間経過し、かつ、症状改善後24時間経過した場合、8日目に解除が可能

  2 入院中または高齢者施設に入所中の方
    発症から10日間経過かつ症状改善後72時間経過

 ■無症状の方
  1 検体採取から7日間経過した場合、8日目に解除が可能
  2 5日目に抗原検査キットで陰性を確認した場合、5日経過後、6日目に解除が可能
   ※2は令和4年9月7日より追加されました。(令和4年9月7日療養中の方も対象となります)

 

健康観察期間
 ■有症状の方
  発症日から10日間が経過するまで
 ■無症状の方
  検体採取日から7日間が経過するまで

療養期間を短縮する場合も、10日間(無症状の場合は7日間))までご自身による健康観察を継続してください。
また、健康観察期間中は感染リスクが残存することから、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、
感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスク着用等予防行動を徹底してください。

療養期間中の外出について 令和4年9月7日より追加されました

【対象】
  1 有症状の方 : 症状軽快から24時間経過していること
  2 無症状の方 
【内容】
 ・食料品等の買い出し等、必要最小限の外出を行うことは差し支えありません。
 ・必ずマスク着用等、自主的な感染予防行動を徹底してください。 
 ・移動時は公共交通機関を使わないでください。
 ・外出時間は短時間としてください。

noukoufuro-0725.jpg