ー立ち上げの経緯ー
2005年〜2015年の10年間、僕はメジャーアーティストとして音楽活動をしながら、

大阪籠球会(バスケットボールパフォーマンスチーム)メンバーとしてバスケットボールにも携わってきました。
東日本大震災を機に基金活動を開始し、東北の学校へのバスケットゴールやバスケットボールの寄付、

現地では子ども達にバスケットクリニックやバスケットパフォーマンスを行ってきました。

音楽活動含め、そういった活動をしている中で常々感じていたこと。

それは、私をこれまで育ててくれたバスケットボールへの感謝でした。

「バスケットボールへ恩返しをしたい」という思いから、当スクールの立ち上げを決心しました。

一般社団法人WHO KNOWS 代表理事

Switch! Basketball School 代表

たけお

 

 
ー理念ー
子ども達がバスケットボールを通して礼節や社会性を育み、和をもって難題をも解決出来る人間になってもらいたい。

努力し上達した時の達成感、失敗した時の悔しさ、

みんなで励まし合い一人一人が協力し合う事でチームが一気に活性化する。

多感な時期である子ども達に、道徳を学びながら貴重な経験をしてもらいたい。

 何よりも目一杯バスケットを楽しんでもらいたい。

バスケットを通し、たくさんの環境に出会い、人としても成長する事で

めまぐるしく変わっていくであろう時代にも対応できる大人へ。

短い練習時間の中で行われるたくさんの練習メニューや、ゲーム中に起こる数限りない局面に対応するため

瞬時に頭を切り替えて集中力を最大に引き上げなければなりません。

「切り替え、対応する」  

当スクール名を”Switch!”と名付けました。